性的なことが苦手なあなたへ・女性の楽しさは「会話」、男性は?

結婚相談所 ブーケトス 石塚です。こんにちは。

男は「会話」を楽しんでない?

「石塚さん、今の彼、落としたいっす」

「じゃあ次は座敷の居酒屋いって、彼の背後にしのびよって、耳にふ―っと息かけてみたら?」

「できないっす!もっと普通のこと教えてください!」

「え?できないの。じゃあ、彼の横にピタリと座って、太ももに手をおいて、じーっと彼の目を見つめてみて。」

「できないっす!そういうの無理っす!」

「え?そういうのって、どういうの?」

「そういう・・・恥ずかしいことです!性的です!下品です!」

「え、君たち付き合ったあかつきには恥ずかしくて、性的で下品なことするんじゃないの?」

「その時はその時ですよ!・・・彼とは会話をもっと盛り上げたいんです」

男は会話なんか楽しんでないって」

「えー(‘Д’)」

ある日のカウンセリング風景でした。

男はセックスしたい

これは笑い話ですが、

「女性の楽しさは分かち合い(共感の会話)、男性の楽しさは〇〇」

ってところはポイントです。

女性は「私の気持ちわかってくれている!」という人に心を開いて、信頼して、セックスもする。

一方男性は、「自分の力で獲得すること」が楽しさなのです。

この女性を手に入れたい(セックスしたい)が、意識的か無意識的か違いはあれど、最大のモチベーションです。

だから一目ぼれも多いし、逆に一目で「なし(タイプじゃない)」も多いです。

これも男女の違い。

 

「男っていやらしいのね」と早とちりしないでくださいね。

男女とも、本能的に求めているのは「セックス」ですよ。

細胞の遺伝子たちがそういってるんです。

 

なぜ「不倫」をするのか

さて、今日のテーマは「性的なこと」です。

下世話な話題になりますが、今年も芸能人の「不倫」が豊作です。

不倫した人は、家族、子どもの親権、信用、仕事、お金などたくさん失いますね。

こんなリスクがあるのに、なんで不倫に走るかというと、そこが「秘密の関係」だからなんですね。

ばれたらヤバイ、人のものを奪う。そう思いながら不倫する背徳感。それこそが、恋愛をドキドキさせる、相手を魅力的に見せるんですよね。

(なので、最初からプロフィール確認して相手と会う婚活なんてドキドキはしないんですよ。背徳感なさすぎでしょ。)

 

性的なこと=悪いことの図式

私たちが性に目覚めるのは、10代の頃です。

その頃、非常に性的な興味を持ちますが、一方でそれは「いけないこと」「人に知られてはいけないこと」だという気持ちも感じます。

この時に「性的なこと=悪いこと」という考えができてしまいます。

Hなコンテンツでも、「女子高生」「上司の奥さん」「義理の妹」「痴漢」「BL」と、人には言えない関係やタブーなことがスラーっと並んでいます。

つまりタブーが性的な興奮と表裏一体の関係でもあります。

ダメなことだから、ドキドキする、と。

セックスは悪いこと?

ですが、「性的なこと=悪いこと」ではありません。

愛する人とのセックスは最上位レベルのコミュニケーションです。

「愛し合う」「愛を確かめ合う」という表現もしますが、愛情の行為なのですよね。

文字通り丸裸になり、ありのままの素の自分を見せて、ありのままの相手を受け入れつながる

離婚の原因の上位は「レス」もありますが、セックスというコミュニケーション手段をどちらかが放棄してしまうと、夫婦間もうまくいかなくなるんですよね。

真面目でヨイ子の高齢処女

さて、真面目でヨイ子、親の言いつけもしっかり守って、男女交際の経験なく処女のまま30代、40代、50代に突入した女子。

自分の性器を見たことなく、触ったこともなく、セクシーな下着を買ったこともない女子。

「性的なこと=悪いこと」という思い込みが、10代の頃のまま成長していません。

男の人とセックスしたら親が悲しむんじゃないかと、罪悪感、後ろめたさを感じている人もいます。

人を受け入れない部分

そうなると、「悪いこと」は徹底的に排除し、完璧な防御をした鉄パンツデートになります。

男性たちはあなたの内面から「拒絶」を感じ取り離れてしまいます。

自分の力では、彼女の心(と体)を開かせるには無理なんだな~と去っていきます。

”会話の内容”ではなく、あなたの内面の「人を受け入れない部分」が、相手をくじけさせています。

 

なにも、すぐ耳にフーしろと言ってるんじゃないですよ。(わかってるわ)

「性的なことは悪いことだ」という男性や性行為に対する恐れのイメージがあったら、大人同士の恋愛関係になっていくにはすごく難しいですよね。

少しずつでも、自分のイメージを塗り替えていく必要があるでしょう。

性的なことをオープンに話し合うのが大人同士

海外ドラマや映画はセックスのことも、カップルでオープンに話し合っています。

映画「ブリジットジョーンズの日記」では、

ブリジットが彼のオフィスに電話して『昨日、キッチンで愛し合ったのはすごくよかったわ』と気持ちを伝えたのですが、

実は会議中で電話がスピーカーフォンで同僚がみな聞いていた(笑)というシーンがありました。

大人同士の恋愛関係は、性的なこともオープンに話し合える関係なんですよね。

仕事中に話さなくてもいいですが(笑)

関連記事

  1. 30歳からの婚活は厳しい?30代で結婚するために今すべきこと…

  2. 「友達どまり?」男性を好きかわからない時の10の診断方法!

  3. 幼児期の自分を満たしたい願望。どうして彼に不満爆発してしまう…

  4. 「依存→自立→相互依存」仕事・友人とはうまくやっていけるのに…

  5. 「受け身」「偽モテ体験」のアラフォー女性の婚活

  6. 年上男性を狙うべき?実は「同世代より年上がおすすめ女性」の5…

  7. 横浜の結婚相談所 ブーケトス ご成婚者

    結婚したいのに結婚できない女性の5つの特徴

  8. 婚活は絶対に長引かせてはいけない理由

  9. 初デート前の男性のLINEがタメ口で幻滅してしまったとき

  10. 自己肯定感がないと、婚活で相手に完璧を求めてしまう

  11. A君とB君、二人の間で迷ったらどうしたらいいの?

  12. 急に冷める男性心理とその理由・対策方法

プロフィール


横浜の結婚相談所・婚活サロンブーケトス代表

石塚あかり

教員→婚約破棄→39歳で結婚

「自己肯定感」と「異性心理の理解」をベースに婚活サポート

  • ◇他社で4年婚活→4か月
  • ◇大手で7年婚活→1年半

でご成婚させるマンツーマンの集中婚活が得意。

平均7カ月で夢を実現させます。

◆産業カウンセラー、宿命鑑定士

石塚の婚活ストーリーはこちら

  1. 2023.09.27

    「男にモテない」あなたが振られる理由を心理学的に徹底考察…

  2. 2023.09.11

    37歳女性様ご成婚退会です

  3. 2023.09.08

    性的なことが苦手なあなたへ・女性の楽しさは「会話」、男性…

  4. 2023.09.06

    モラハラ彼氏からの脱却方法・一人になる勇気

  5. 2023.08.30

    32歳公務員男性様成婚アンケート

  1. 2023.03.31

    【メディア出演】TOKYO MX「シゴト手帖」で当社が取…

  2. 2023.03.01

    IBJチャンネルに出演いたしました!

  3. 2023.02.16

    公式Instagramリニューアルスタートしました

  4. 2023.02.08

    【メディア出演】弊社がTV番組「シゴト手帖」の密着取材を…

  5. 2022.10.15

    人の性格や行動パターンがわかるDiSC理論とは?