デートの日程が合わない時の対策方法

デートに誘ったのに日程が合わない時の対策方法

デートに誘ったけれども、日程が合わず、次のデートがなかなか決まらない時がありますよね。

放置しておくとフェードアウトにつながります。

 

この時は、二通りの理由が考えられます。

1・本当に予定が合わない
2・やんわりとあなたとのデートを断っている

どちらの状況なのかということで、対処の方法は違ってきます。

 

1・本当に予定が合わない場合

1・あなたが1日しか日程を提案していない

「今週の土曜日空いている?」

「ごめん、その日用事があって~」

お誘いした日に都合が合わないと、このようなやり取りになってしまうことが多いと思います。

お誘いするときに、複数日で提案してみましょう。

「今週の土曜か日曜空いてる?」「平日だと空いてる日ある?」

 

2.日程だけ聞かれて、内容がわからないから答えづらい

単に「土曜日空いてますか?」と聞かれた場合、「なんで?どこで何するの?それによって変わる」と思う人は多いです。

「次は〇〇ちゃんが言っていたパンケーキのお店行ってみませんか?僕は、土曜と日曜の午後からなら大丈夫だけど、都合どうかな?」

というように内容とセットで聞いてみるといいですよ

前のデートの時に、どこに行きたいかとか興味あることをお互いお話しておくといいですね。

 

3.前回のデートから間が空いている

「楽しかったな」と思ったデートから数日経ってもお誘いがなければ、気持ちも冷めてきてしまいます。

「わたしは楽しかったけれど、相手はそうでもなかったのかな」と拒絶された気持ちになり、盛り上がったきもちもしぼみます。

気持ちが落ちてきたタイミングで誘われても「OKしようかどうしようか」という気持ちになってしまいます。

平日ヘトヘト男性のよくある失敗

男性で不器用な方は、平日は仕事でへとへとで、あっという間に週末が来てしまったという方も少なくありません。

デートから丸1週間経って次のお誘いをしても、相手としては「なんだ今頃?」ときょとんとされてしまいます。

「楽しかった」という気持ちの冷めないうちはOKがもらいやすい

具体的には、前回のデートのお礼LINEと同時に、お誘いもしてしまうのがベター。

もちろん、一番いいのはデート中に次のデートの予定を決めてしまうことです!

 

4.誘いが急すぎる

週末のお誘いは木曜日までにしましょう。

金曜日に唐突に「明日、空いている?」とお誘いしていませんか?

予定は入れてなくても、ゆっくりしたい日はあります。

「暇だと思われているかしら?」「別の女の子から振られて私に来たのかしら」と勘繰られることも。

急にお誘いしたいときは、「ダメ元」の姿勢だとOKもらいやすい

前日にお誘いする場合は「突然ごめんね。もし会えたらと思ったんだけど」「ダメ元で聞いてるから断るの気にしないで」と一段低姿勢で聞いてみましょう。

気遣いをしてもらったら、出掛けやすくなります。

もちろん土曜日のデートが盛り上がって、日曜日も一緒にいたいから会うという流れは全然OKですよ♪

 

5.本当にお互いのシフトが違って会えない

シフト制の方同士のデートは大変に思われがちですが、いったんリズムをつかんでしまえば、定期的にデートできている方々が大多数です。

夜勤明けの夜ご飯は一緒に、とか、毎週水曜日の20時からファミレスで会うとか、二人でルールを決めテンポよくお会いされています。

ですから「シフトが合わなくて会えないですね」という状況の場合は、

「そこまで努力して会う気がない」というのと「生活リズムの違いを譲歩できない」ということですので、そもそもそういう方とは交際を続けなくてよいかと思います。

余談ですが、シフト制の方は複数交際が難しいため、休日は毎週交際相手とお会いし早期ご成婚されるケースが多いです。

 

2・やんわりとあなたとのデートを断っている場合

1.月単位で会えないと言われたとき

「今月は忙しくて、ちょっと時間が取れないんですよ」

「来月が資格試験で、今月と来月は勉強一色です」

と、1か月単位で会えないと言われたときは、やんわりお断りなんだなと思ってください。

日本国内に居住している場合、「3週間以上」会えなければ、それはもう終わりです。

どんなに忙しい方でも、お茶したり食事したりで3週間のうち数時間も捻出できないということはありません。

 

2.2回以上断られ、対案が出てこない

「今週土曜日、晩御飯いきませんか?」

「ごめんなさい、用事があって」

「じゃあ次の土日はどうですか?」

「ごめんなさい、次も用事があるんです。予定がわかったらこちらから連絡しますね。」

と、お相手からまったく対案「プランB」が出てこない場合。

相手もデートに行きたければ、必ず「金曜の夜なら」「その次の土日なら」と日程の候補が出てきます。

また、「予定がわかったらこちらから連絡しますね。」もほぼお断り文句です。

 

3.理由を教える気が全くない

あなたとデートしたいのにお断りせざるを得ない場合、理由を添えてこんな感じになります。

「ごめん、来週末は実家に帰ってるんだ。次の週でもいいかな?」

「友達と温泉旅行の予定を入れちゃってて。お土産買ってきますね♪」

まったく理由を教えてくれないようであれば、他の人とデートをしているでしょう。

そして、「他の人とデートしていると思われても別に構わない」という心理でいます。

 

4.転職予定、資格試験が近いなど

「転職予定なんだ」

「資格試験が近くて勉強している」

と言われてしまった場合。そもそも、婚活や恋愛のタイミングではないということ。

結婚より、取り組みたいことがあるということで、こういう方とは交際しない方がいいと思います。

 

5.ドタキャンが続く

女性の体調不良、体力のなさを理解しよう

女性の場合、男性と違って生理周期があります。生理前後の体調不良や気持ちの不安定さがあるということを知っておきましょう。

また、体力も男性に比べ少なく、休日は疲労回復に努めたいという時もあります。

「体調不良で」とドタキャンのお断りが来たときは、「何かあった?大丈夫?心配です」とのめりすぎず、

「わかりました!お大事にしてください。またよくなったら出かけましょう」と温かいメッセージを返しましょう。

しかしながら、2回、3回とドタキャンや延期になることは通常考えられないので、「お断り」だなと受け止めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。交際を発展させていくのに一番大事なのは「週1回のペースで会うこと」です。

これだけで真剣交際に進む確率はぐんと跳ね上がります

デートの誘い方が悪かったのか、やんわりお断りか見極めて、テンポよくデートを楽しんでいきましょう!

具体的な方法はこちらのメルマガにて解説していますので、ぜひご覧になってみてください。

男性向けメルマガ

関連記事

  1. 教員男性の婚活の注意点・ついついやってしまいがちなミス

  2. お見合いマナー

    お見合いマナー(男性編)(待ち合わせ~会計・解散まで)

  3. 初デートでお断りされてしまう男性・・・こんなことに注意!

  4. 伝わる伝え方をしなければ、コミュニケーションとは言えない

  5. その話し方NG?女性から嫌われる話し方【ワースト3】

  6. 結婚できない人は一目でわかる?

  7. 正解は?婚活プロフィールの「お相手への希望」欄の書き方

  8. 家族写真

    男性が結婚できない理由No1「若い女性を求める」から

  9. 失敗しない初デートのお店選び