お客様の声

  1. O.Kさま(30代・女性)

    10年付き合った彼氏と破局後。婚活の情報収集として面談にお越しいただきまして、その時は眼鏡にほぼスッピンでやつれており涙+涙+鼻水でしたね。「仕事が忙しいので婚活と両立できるか心配」「地元で同年代」(←高望み)と入会しても写真もぐずぐず撮りに行けず、「大丈夫かしら」と心配になったものです。
    でもその期間、じっくり変わることができたんですね。「写真撮ってきました~」と送られてきた時には、思わず、「誰っ??」。そこにはピンクのワンピを着て、髪が明るくつやつやでふんわり、ぱっちりした目でにっこり笑っている彼女がいました。まるで、「会いたかったよ」「大好きだよ」っていうような表情。こんなに美しい人だったんだ、とビックリしましたよ。
    お仕事の「自分がやらねば回らない」という思い込み、ご家族やご自身のご持病で「結婚できない」という思い込みを解放し、自分の人生を生きると決めてから、活動期間2か月でのご成婚退会でした。幸せになろう、とすることが一番大事だと教えていただいたご成婚でした。

    インタビュー

  2. Kさま(30代後半・男性)

    優しくて大手企業という絵にかいたような理想的な方なのですが、婚活パーティーでマッチングしてもデート1,2回で終了を何度か繰り返し、「効率が悪い!」とお気づきになったそうです。パーティーでよく聞くのが、「相手が結婚願望がなかった」というもの。結婚相談所ではお互い早く結婚したい人同士が出会うので、方向性の違いがありません。男性にとって婚活期間は短期決戦を目指すのがコスパ最強だと思います。そして、初お見合いでご結婚を決められました。自社会員さん同士でしたので、「楽しいだけじゃない、きちんと将来のことを話し合えるデート」を双方が努力してしてくれたおかげで、トントン拍子でした。お相手は申し込みが100件以上来たかわいい料理上手な方。ずっと見つめ合って笑い合っている仲の良いお二人です。

    インタビュー

  3. N.Hさま(30代半ば・女性)

    「結婚は自然にできるもの」と30代半ばになった婚活初参戦の女性さまです。「初めまして!」と笑顔で丁寧にお辞儀をしてくださった爽やかさが印象的でした。しかし、涙、涙の初婚活でしたね。人それぞれ、結婚に向けた課題を乗り越えていかれますが、彼女は繊細な分、乗り越えるべきことも多く、頑張りました。本当に誇りに思います。相手の気持ちを考えすぎて辛くなっていた時、「相手がどう思うかは、まあいいか。私が楽しもう」と開き直って相手と向き合った姿が、すごく相手を惹きつけ、そこから流れが変わり一気にご成婚でした。やっぱ、自分らしさ!「カウンセラーさんなしではこんな素敵な人と結婚できなかった」とおっしゃってくださいましたが、人に頼ることってすごく大事なんです。そして、静岡の人は伊豆デートすると結婚する法則(笑)

    インタビュー

  4. K.Hさま(42歳・男性)

    またまた自社会員さん同士のご成婚です。会社の先輩のお勧めでご入会してくださいました。初婚活で「こんなに申し込みが断られるの?」と、自分の立ち位置をはっきりと確認し、「40代の結婚はそんな簡単にはいかない」と意識を変えたことが結果的に短期成婚となりました。当初は繊細な女性かな、と交際終了も考えていると相談があったのですが、3回目のデートで一転「好きになりました~」とのご報告でびっくり!彼女の、プチハプニングにも動じないどっしりした面を発見したそうです。お見合い回数2回・交際人数2人の超精鋭婚活。今はお子様もご誕生です。

    インタビュー

  5. H.Hさま(40歳・男性)

    高年収で華やかな明るさをお持ちの男性さまです。会社のおばちゃんが婚活イベントなどのチラシをいつも持ってきてくれて「あなたはプロの手を借りた方がいい」と折に触れ勧めてくださったそうです。(こういう人はほんと大事!)彼の人柄の良さがわかりますよね。デートも豪華ですべて彼持ちでしたので、ちょっとそれはやめようとアドバイスし(破天荒に見えてしまう)、本命彼女とはファミレスで少額は女性に出してもらう日常生活に近いデートでしたが、互いに結婚を意識できるきっかけになりました。モテる男性はいつもの恋愛スタイルとちょっと変えてみるといいですね。本当にかわいくて素直なおっとりした癒し系女性で、とてもお似合いの二人でした。で、圧ってなんだ?(笑)お二人の幸せを末永く願っております。

    インタビュー

  6. R.Iさま(40代・女性)

    尽くす恋愛卒後!40代美人女性が8カ月でご成婚です。ご活動後、すごく内面の変化があり、当初は男性に「もっとこうしてよ」という不満を口にされることもあったのですが、いつも「ありがとうございます」とお相手への感謝を心から言えるように変化されました。だんだん「近づいてきた」のが私も彼女もなぜかわかりました。交際終了直後にお見合いした年下男性から一目ぼれ。初デートで真剣交際というかもはやプロポーズをされ、とんとん拍子でした。年齢は関係ない!自分の生き方を変えれば人生が変わると感じたご成婚でした。お二人の幸せを心から願っております。

    インタビュー

  7. ご成婚4

    W.Mさま(39歳・会社員)

    元美容系のお仕事をされていた39歳女性様。とても美人で社交的ですし「自然に結婚できると思っていた」そうですが、気づけば30代も終わりでこれはマズイと思われて結婚相談所に入会されました。お見合いは普通の恋愛に比べて、好きになる気持ちがあとからついてくるんですよね。1回目のお見合いで「合わないかも」と即お断りしていた男性を後から振り返って、「あの人が一番良かったかも」ということでしたので、女性は遠慮されていましたが、私が半ば強引にお願いしてもう一度会っていただくことに。その後、とんとん拍子でした。お二人が初めて会った日にご結婚式で、かつ「僕が振られた日(笑)」。結婚相談所ならではの素敵なエピソードですよね♡

    インタビュー

  8. W.E(37・会社員)

    37歳女性、初恋愛から同い年の男性とご成婚です。静岡県裾野市の地元にこだわって探されていたので、なかなかお見合いが組めず、条件に合う男性ご入会の都度、真っ先にご紹介しておりました。ところが、プレ交際中の男性が、なんと東北に転勤に。これは彼女のご条件と異なってしまうため、お別れになるだろうな・・・「最後にしっかりお話してきて」と送り出してみたのですが、まさかの「彼についていきます!」と。真剣交際=プロポーズ=成婚退会がほぼ同時期でした。「今後、これ以上好きになれる人と出会えないと思う!」と。あんなに地元にこだわってたのに~。こだわらなきゃ、もっといっぱいお見合いできたのに~。と思いましたが、お見合い数が少ないからこそ、「もっといい人なんて他にいない」という決断ができたのでしょうね。二人での新天地での新生活!お幸せを願っております。

    インタビュー