お客様の声

42歳バリキャリ女性様、コロナでも半年でご入籍。

婚活期間中、仕事の超繁忙期とも重なった女性さま。しかし、仕事のデキル女性は、婚活もできます!デートは1時間でもお茶や食事で週1お会いする時間を捻出されました。結局は婚活は人間関係づくり、信頼関係づくりですので、社会で揉まれ成長されました女性様にとっては、お相手への思いやりや価値観の受容、譲り合いなど、わりと当たり前ごととしてできるのですね。家族として目指したい夢や方向性を明らかにしつつ、現実に即して一つ一つ対応していく。そして、できない部分はサッと人(仲人)に助けてもらう。結果として弊社でも5本の指に入るかと思うほどの熱愛ぶりでご成婚でした。おめでとうございます!

A.Kさま(42歳・会社員)

お住まい東京都
職業会社員
活動期間6か月
プロポーズホテルの高層レストランのディナー
(1)結婚相談所に入る前はどんな状態でしたか?
(過去の婚活や恋愛の状況など)
20代で社内恋愛したが別れました。
30代前半で転職し、その後は仕事が忙しく付き合う余裕なし。
35,6で相談所に入会するが転勤で退会。
東京に戻り、仕事が落ち着いた42でブーケトスに入会。

(2)ブーケトスの入会のきっかけを教えて下さい。
ネットで検索して。
自分が年齢的に厳しいと思ったので、個人のサポートがしっかりしていそうな所を選択。サボり癖もあるのでお尻を叩いてくれそうと思ったのも理由の1つ。
(3)活動をスタートして感じたこと大変だったこと、工夫したこと等お聞かせ下さい。
お見合いは最初はプロフィールを拝見して話を聞いてみたいと思う点があれば、条件で気になる点があってもお見合いを受けた事。お見合い後はまた話したいと思えた人を仮交際としました。
仮交際の人ができた後のお見合いは、仮交際の人と比べてどうかで交際判断するようにしました。
(4)お相手に初めてお会いした時は、最初の印象やお見合の思い出はいかがでしょうか?
「写真より丸い?」というのが第一印象。(笑)
オンラインでしたが、話しやすい、話していて面白い、もう少し話してみたいというのがお見合いの印象。
(5)仮交際から真剣交際に進んだ経緯を教えて下さい。
仕事の都合で相手側のエリアでデート。
最初のデートはレストランで早めのディナー。
2回目は半日程度のドライブ。
3回目以降は夕食をレストランでご一緒したり、お茶をしたり。
相手から次回以降のデートの予定を決めてくれたのでお任せしてしまっていました。私が移動時間を読みきれなかったり、洋服が決まらず遅刻することが多かったですが、いつも笑って許してくれていました。
帰りは私の家の近くまで車で送って貰いました。
真剣交際へ進む告白は帰りの車の中です。

(行ってよかった飲食店やデートスポットなど数点教えてください!)
・話がはずんだ事もあり、ドライブデートは楽しかったです。
・自分が住んでいた所の料理がでるレストランは話がはずみました。
(6)交際の中で迷いや不安はありましたか?
自分が相手の過去を受け入れられるかは迷いました。
(7)真剣交際を経て、ご成婚を決意された最大のポイントをお聞かせ下さい。
一緒にいて素に近い自分でいられる事、食べ物の好みが近い事

(どんなプロポーズだったか教えてください)
ホテルの高層レストランのディナーで。

(8)短期成婚が出来た理由、秘訣があれば教えて下さい。
私の場合は1番は幸運だと思います。入会時のお見合いラッシュの時に今の主人から申込をもらい、そのまま進んだので見つけて貰った運に感謝です。
また、もっと条件のいい相手とお見合いした方がいいかと思った時に石塚さんから自分がどうしたいかを考えてお見合いをアドバイスいただいた事。
あとは格好つけず素の自分でいるように心掛けて、その自分を受け入れてくれる相手に出会えた事です。
(9)ブーケトスの良かったところをお聞かせ下さい。
迷って相談した時に真摯に対応いただいた事。
言いにくいであろう事も言ってくれた事。
相手に聞きにくいけど確認しなきゃいけない事を聞く際に上手く間に入ってもらえた事。
結婚にあたり周囲の反対があり、その際にかなり相談にのってもらったこと。
(10)今、現在活動を頑張っている方にアドバイスをお願いします。
断ったり断られたりの課程が就職活動と同じだなと感じました。
就職活動と同じで自分がダメだから断られたのではなく、タイミングと相性が合わなかったと
(12)その他、石塚に向けて言いたいことなど何でも!
お世話になりありがとうございました。
今度、主人と主人側のカウンセラーさんとお食事にいきましょう!
お疲れの出ませんように。