今すぐに結婚したい人が知っておくこと

ブログ

東京・横浜の結婚相談所 婚活サロンブーケトス石塚です。

結婚できない人って一目でわかるの?

私たちプロの仲人からすると、「結婚できる人、できない人」は一目瞭然です。

ご入会時の面談に来られる方は大きく二つのタイプにわかれます。

 

結婚相談所にやってくる人は二つのタイプに分かれる

一つは、結婚というものを「何かを得る」ために行おうとする人。

「年収の高い男性と出会い将来を保証してもらいたい」

「若くて美人のお嫁さんをもらい、可愛い子供を産んでもらって自慢にしたい」

「できれば僕の実家に住んでもらって、親の面倒を見てほしい。僕は仕事が忙しいから」

結婚というのを、こういう目的を達成するためになしえようとしています。

 

もちろん、皆さん賢いので、表立っては言いません。

が、どれだけしおらしく控えめな態度をしていたとしても、その「欲しい!欲しい!」とガツガツした欲は他人からは透けて良く見えます。

 

では、結婚できる人とはどんな人?

さて、もうお一方は。

「結婚したら、相手にこんなことをしてあげたい」と「与える」ことを考えている人。

「結婚して、相手とこういう人生を歩みたい」

「結婚したら、ご飯を作ってあげたい」

「ほっとやすらげる家庭をつくりたい。だからいつも明るくしていたい」

「何でも話し合って、ケンカしても、すぐごめんねっていえる関係でいたい」

こんな言葉が、ワクワク楽しそうに次々と出てきます。

あんなこともしてあげたいな、こんなことも一緒にやってみたいな。

そんな二人で作る夢、未来に溢れています。

結婚生活とは、相手へ貢献することであり、そのために自分はこうしていこうと心構えができています。

 

こんな質問をしています

前者の方には、「どんな家庭を作りたいですか?そのためにあなたは何に貢献できますか?」と質問すると。

ほとんど言葉に詰まって返ってきません。

「自分が与える」という観点がないので、考えたこともないからです。

何かを得たい、とガツガツと婚活する人は、お相手からすると「奪われる」立場になるわけです。

生活を保証してほしい、子どもを産んでほしい、結婚することでステイタスを得たい。

奪おう、自分だけ得しようと考えているお相手とは、生涯を共にしたいとは思えません。

あなたがどれだけ隠していても、あなたの奥底の気持ちは透けて見えます。

だから何人とお見合しても、相手と縁がつながらない。

デート数回で終わってしまう。

どこかで関係が壊れてしまう。

 

ちなみに、私自身、前者のような方と面談を終えると、命を吸い取られるかと思うくらい疲弊します(笑)

一緒にいて、すごく疲れるんです。

クレクレ星人のパワーってすごい強いのですよ。

 

悪い人たちではないんだよ・・・でも

さて、前者の奪おうとしている人たちのこと。

わたしはクソミソに書きましたが、彼ら、彼女たちのことを見捨てているわけではありません。

悪い人ではないんです。幼すぎるだけなのです。

いつまでもパパママに養って与えてもらっていた子ども時代から成長がないだけのです。

(結局クソミソに書いている)

だから、成長(自己改革)があれば、必ず相手と巡り合える、と信じています。

 

なぜなら、それは過去のわたくし(石塚)そのものだったからです。

欲しくて欲しくて、しょうがなかった。

だって、自分は欠けていて、魅力がなくて、ダメな人間だから。

不安で不安でいっぱいでした。

その欠けている部分を補ってくれ、安心させてくれる人がいい!

無意識に、奪って奪って奪うことばかり考えていました。

 

でも1年の婚活という人間関係の鍛錬を積んで、ようやく理解できたのです。

フラれて辛い目に遭い、自分を振り返り、問いかけて、やっと気づいたこと。

「ああ、わたしはわたしのままでいいのだ。欠けていることなんてない」と。

 

毎日毎日、自分はダメだ、とダメだししていた思考回路を切り替えた。

毎日毎日、自分の良いところを見つけるようにしました。

そこから、他人に「ありがとう」が心を込めて言えるようになりました。

些細なことにも、ほんとうに「有難いこと」として、お礼を言えるようになりました。

 

まず、自分で自分を満たすこと。

自分が満ちていれば、他人に真心を与えられる・・・

そして、この「与える」パワーはすごいのです。

瞬く間に今の主人と出会い、結婚しました。

今すぐに結婚したい人がすること

すぐに結婚したければ。

あらゆることに、感謝して心を込めて「ありがとう」ということ。

まずここから始めてみてくださいね。

 

弊社のカウンセリングでは、この無意識下の心理をご一緒に見つけていくこともしています。

時に、辛い作業になりますが、ご一緒にご自身の「こころ」を紐解いていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 伝わる伝え方をしなければ、コミュニケーションとは言えない

  2. 初デートでお断りされてしまう男性・・・こんなことに注意!

  3. 正解は?婚活プロフィールの「お相手への希望」欄の書き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。